オーストラリアの小・中・高校留学

オーストラリアでは州政府が教育制度を管轄していますので、小・中・高の学期日程は州によって若干異なりますが、全体としては

就学前教育(Preschool)、義務教育である初等教育(Primary)及び中等教育(Secondary)、そして義務教育以降の高等教育(Seniour Secondary)、大学・専門学校(Tertiary)等の段階に分かれます。

オーストラリアの学校制度

オーストラリアの小学校から高校までは12年制です。日本とは違い、6年・4年・2年が基本です。(各州によって管轄されるので若干異なります)

日本とオーストラリアの違い

日本とオーストラリアの違い

通常は4学期制(ターム1〜4)で、1月末~4月、4月~6月、7月~9月、10月~12月の各学期に分かれています。どの学期からでも入学可能ですが、基本的にターム1からの入学がおすすめです。

オーストラリアの学校の特徴

●小・中・高校の約7割は州立であり、そのほとんどが共学です。私立校の場合は約3割程度が男女別学となっています。

選択できる科目は国語、算数、理科、技術、社会、保健体育、芸術、が主要教科とされていますが、それ以外に自ら学びたい科目を選択します。
例えば外国語、観光学、心理学、ダンスなどが人気です。

●オーストラリアの教育は、生徒ひとりひとりの能力を伸ばし、自身の意見を持ち、発信することを奨励しています。そのためディスカッションやプレゼンテーションを多く組み込んだ授業構成になっています。

オーストラリアの高校留学の条件

高校留学は、必要な英語力がついた時点で進学が許可されます。そのため英語力が入学基準に満たない場合は、語学研修プログラムなどに参加する必要があります。

入学後の英語に関しては、留学生を対象とした英語の授業(ESL、ESOL)を通常科目と共に選択できる高校もあります。


  • オーストラリア
    オーストラリアの小・中・高校留学