留学ニュージーランドドットコムは、トビタテ!留学JAPANをご利用しての留学ご希望の高校生を応援いたします。
留学希望の高校生の「留学で何をしたいのか」のやりたいことと、プログラム内容がリンクしていることがとても重要です。

留学ニュージーランドドットコムは、ニュージーランド政府公認機関が設立しました代表団体機関と提携をしており、その団体が提携するニュージーランドの優良高校を留学先として皆様にご案内いたします。

ニュージーランド高校留学

もともと移民国家のニュージーランドは、高校生の留学に対しての受け入れにも寛大です。

国が留学生を保護する制度・法律「留学生の生活保障に関する服務規程」を設けていることもあり、留学生に対する環境が整っています。

□ポイント1

高校留学においても、ホームステイ先がどうであるかと心配されることがあるかもしれませんが、ニュージーランドはホームステイに関しても「服務規程」にしっかり定義されております
宿泊設備は各学校が管理し、認可を受けた先になりますのでとても安全で安心して過ごせるホームステイ先でもあります。

□ポイント2

ニュージーランドの小学校~高校までは、日本のように1年生という表現ではなく‘Year’という表現を使用します。

高校はYear9からで、日本でいうと中学1年生にあたりますので、ニュージーランドの高校留学は13歳から18歳が対象年齢になります。

□ポイント3
さらに時差も少なく治安もいいため、10代の高校留学には非常に適しています。

お問い合わせ

ニュージーランド現地エージェントの、留学ニュージーランドドットコムが、ニュージーランド高校留学について↓↓↓もう少し詳しくご説明いたします。

ニュージーランド高校留学の特徴

他国への留学と比較すると、以下のようなポイントがニュージーランド留学の特徴です。

  • 欧米と比べると比較的留学費用が安い!
  • 自然豊かで過ごしやすい環境!
  • 最初から、英語力を大きく問われない!
  • 留学生の受け入れの歴史も長く、学校の留学部署やシステムが確立されている!
  • ESOL(留学生のための英語)クラスがあり、英語学習のサポートが手厚い!
  • フレンドリーな国民性もあり、ホームステイの質も高い!
  • 入学時期も柔軟に対応してもらえる!

日本とは全然違うシステム

ニュージーランドの高校はイギリスの教育システムを導入していて、中学と高校が一貫教育されたセカンダリースクール(Secondary School)と呼ばれています。殆どが男女共学の公立学校です。

多くの学校では、留学生の為のESOL (英語コース) が設けられており、授業も日本と比べると選択科目が多く生徒の才能に合った教育が受けられるのが特徴です。

義務教育はYear11で終了しますが、Year11以上になると各科目毎に単位を取得していく必要があります。
次のレベルの授業を受講するためには単位数を取得しなければなりません。

またYear11以上は年末にNCEAと呼ばれる国の統一試験を受けます.

ポイント NCEAとは

NCEA (National Certificate of Educational Achievement) は、Level 1~3に分かれます。通常Year11でLevel 1、Year 12でLevel 2、Year 13でLevel 3の内容の試験を受けます。 NCEAは一種の国家資格として認知されており、ニュージーランドの高校でNCEAの必要単位と、University Entranceが定める必要要件を満たせば、ニュージーランドの大学や専門学校に入学試験なしで入学することができます。 *NCEAの必要単位と、University Entanceの必要要件を満たしませんと、ニュージーランドの大学には進学できませんのでご注意ください。

NCEAとUniversity Entranceの認定条件は以下の通りです。↓

表

*留学生の場合、NCEAの受験は必須ではありませんが、帰国子女枠で日本の大学への進学をご検討されている場合は、入学の判定基準にNCEAを導入している大学もありますので、ご希望する日本の各大学へ確認が必要になります。

University Entrance (UE) is the minimum requirement to go to a New Zealand university. To qualify you will need: NCEA Level 3 Three subjects – at Level 3, made up of: 14 credits each, in three approved subjects Literacy – 10 credits at Level 2 or above, made up of: 5 credits in reading 5 credits in writing Numeracy – 10 credits at Level 1 or above, made up of: achievement standards – specified achievement standards available through a range of subjects, or unit standards – package of three numeracy unit standards (26623, 26626, 26627- all three required). Once you have met the requirements for University Entrance it will appear on your Record of Achievement.
★日本語解説★ 前提として、NCEA Level 3 (NCEA Certificate Level 3) を達成 (80 Credits<単位>以上) を達成していること。 その単位のうち、3つの Level 3 の大学承認科目 (Approved Subject) から各科目ひとつあたり14 Credits 以上が必要 Literacy (英語) Level 2 以上で10 Credits 以上必要。そのうち、5 CreditsはReading<リーディング>/5 CreditsはWriting<ライティング>) Numeracy(数学)CreditsをLevel1以上で、10 Credits 必要 Approved SubjectとはNZQAが定める大学へ行くのに必要と考えられているアカデミックな科目・教科及びその単元のことで、かなり多くの科目が含まれています。Literacy とNumeracy にも指定があります。 

ニュージーランドの高校はターム制で、4つのタームにわかれています。タームとタームの間には約2週間のホリデーと夏休みホリデーがあります。

2020年学期一覧
1学期1月27日~4月9日
2学期4月28日~7月3日
3学期7月20日~9月25日
4学期10月12日~12月16日

多くの高校には制服がありますが、短期での留学の場合、現在通われている日本の学校の制服でも通うことができます。
なかには、私服の高校もございます。

お問い合わせ

ホリデー期間の過ごし方

語学学校主催の Young Learners コースへの参加

<高校に通われている方で、ホリデー期間にしっかりと英語力を身に着けたい生徒様には最適のヤングラーナーコース>

ニュージーランドの高校はESOLコースがあるところが多い為、現地校へ進学の際の英語力の条件はございませんが、現地校の授業についていくためには、英語力は少なくともIntermediate以上をお持ちであることが好ましいです。

そこでホリデー期間中に、英語力を上げることを目的に、午前中は、英語集中コースとなっており、コミュニケーションを中心としてリスニング、リーディング、ライティング、文法、語彙を学んでいただきます。
午後は、その先のGlobal Citizen を見据えた6つのコアスキル(想像力、テクノロジー、問題解決、チームワーク、コミュニケーション、サステナビリティー)がベースとなり、リサーチと発表が含まれるプロジェクトを通して英語力を高めていく21 世紀型授業法が導入されています。

こちらのコースは13~17歳を対象としておりまして、色々な国籍の同年代・同レベルのクラスメイトと共に楽しく英語を学んで頂けます。現地校では受け身ではなく自発的に意見を求められるスタイルとなりますので、こちらのヤングラーナーコースにて英語のインプットとアウトプットに慣れながら、ベースとなる英語力を無理なくしっかりと身に着けて頂けます。

尚、長期のお申込の生徒様につきましては、ヤングラーナー担当スタッフが5週間毎に生徒様とお話する機会を設けておりまして、こちらのフィードバックに授業に関するプログレスレポートと併せて留学ニュージーランドドットコムに報告されます。親御様ともご共有頂けますので、定期的に生徒様のご様子をご確認が出来き、親御様もご安心のことと思います。

<放課後アクティビティー>

放課後に平日毎日アクティビティーがありまして、ヤングラーナーの生徒様でも月曜日のCoffee Chat(会話クラブ)や水曜日のスポーツ、隔週木曜日の発音矯正プログラムなどにご参加頂けます。 ※コース詳細につきましては、以下をご確認お願いします。↓

中学生・高校生のための留学

※コースは毎週開催されてまして、最低1週間から申込可能です。

②ホリデースクールへの参加

↓ホリデー期間ニュージーランドには、留学生も現地の学生も一緒に通える無料のホリデースクールもあります↓

ニュージーランド ホリデースクール
ホリデースクール

お問い合わせ

ニュージーランドの高校で受けられる科目

  • ESOL(母国語が英語ではない学生のための英語の授業)
  • アート
  • ビジネスマネジメント
  • デザイン
  • 歴史
  • ホスピタリティ
  • テクノロジー
  • 演劇
  • 野外授業
  • ダンス
  • 音楽
  • 健康人間学
  • マオリ語
  • フランス語
  • 中国語
  • 会計
  • 工作

など

ニュージーランドの高校留学のポイント

10代でさまざまな国の学生との交流を通じて、異文化・生活体験をすることは、将来に繋がる良い経験になるはずです!

日本にいても語学や異文化について知ることはできますが、実際に海外へ行ってその生活を体験するのとでは大きな差があります。

是非、お子さんにその世界を体験させてあげてください。将来のお子さんの自信や力に繋がるはずです!


トビタテ!留学JAPAN (返済不要な奨学金が給付されます) 日本代表プログラムも対応可能。

留学内容、渡航先、期間[14日間~1年間]を自由に設計できます。「留学で何をしたいのか」が、重視されるプログラムでありますが、現地高校へ通いながら夢をサポートできます。

オーストラリア・メルボルンでの「トビタテ! 留学 JAPAN 高校生」対象の短期留学+ボランテア研修のご案内も可能です。

期間は、2020年7月27日~8月14日の3週間です。

プログラム内容は以下の通りです。

月曜日〜木曜日・8:45〜14:45 一般英語(20時間)
月曜日〜木曜日・15時〜16時 : 無料オプショナルクラス

金曜日 スタッフ同行にて福祉関連(Aged care, childcare, guide dog training など) 専門学校見学・研修

*オーストラリア・メルボルンでの「トビタテ! 留学 JAPAN 高校生」対象の短期留学+ボランテア研修についてご質問等ございましたらお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

ニュージーランドの高校選びに迷ったら

留学ニュージーランドドットコムは、ニュージーランド政府公認機関が設立しました、留学生の受け入れを行なっている代表団体機関と提携をしております、ニュージーランド現地エージェントです。

留学する高校選びに迷ったらまずはご相談ください!

☆留学をご希望される生徒さんのご要望や目標などを留学ニュージーランドがヒアリングし、その代表団体機関に伝えます。

☆ご要望や目標達成が可能で、尚且つ、受け入れが可能な学校をリストアップし、資料を作成後に留学ニュージーランドが入手いたします。

資料は英語表記になりますが、留学をされる前から英語に慣れることは大事であると弊社は考えております。

先ずは、留学されます生徒さんご自身で内容を理解するように取り組んでいただくようにしております。

分からない箇所は学校の先生に聞いたり、勿論、留学ニュージーランドドットコムに聞いていただいても構いません。

☆それぞれの学校には特色がありますので、その中から学校を絞っていき、追加のご質問等をお受けしながら留学先学校を決めていく流れを取っております。

お問い合わせ

ニュージーランド高校留学 体験プログラム

ニュージーランドの現地高校へ体験留学してみませんか?

対象年齢 13歳〜18歳
開催時期

・1学期 1月27日~4月9日

・2学期 4月28日~7月3日

・3学期 7月20日~9月25日

・4学期 10月12日~12月16日

期間 1~2週間から、中・長期とお気軽にお問い合わせください。
プログラム内容

・授業料

・ホームステイ(3食付き)

・空港往復送迎

時間割の一例

※ESOLとは、English for Speakers of Other Languagesの略で、英語を⺟国語としない⼦供(ESOL Students)向けの、英語習得を⽬的としたプログラム(ESOL program)です。

□ポイント

★現地の高校生とはもちろん、世界中の同年代の留学生とも同じ教室で勉強し、交流し、英語やその他の科目を学ぶことができます。

高校では留学生の英語力に応じて、さまざまな科目を受講できます。ニュージーランド現地エージェントの、留学ニュージーランドドットコムが皆様を完全サポートします!

お問い合わせ

ニュージーランド高校ラグビー留学

ニュージーランド高校ラグビー留学期間は、1月末~8月です!
 
ニュージーランドのスポーツは、シーズンごとに行われるのが一般的で、日本のように通年で行われていることはほぼありません。
一般的な15人制の高校ラグビーは、以下のスケジュールになります。
2月〜4月チーム編成・プレシーズンマッチ
5月〜8月大会

大会は8月上旬から中旬には終了し、大会が終わればチーム練習も試合も行われず、その年のラグビーシーズンは終了します。
 
そのため8月以降にラグビー留学に見えても練習も試合もできなくなります。
また、7月は日本の夏休み期間のため、日本から多くの高校生がラグビー留学に訪れます。
ホームステイ先の確保なども考えると、早めの段取りが必要です。

ニュージーランド現地エージェントの、留学ニュージーランドドットコムが、ニュージーランド高校ラグビー留学について↓↓↓もう少し詳しくご説明いたします。
 
□ポイント1

★各高校には、多いところでは6軍までレベル分けされており、それぞれのチームごとに大会があります。

5月~8月のシーズン中の毎週土曜日は各チームの試合が行われています。

そして、最も注目されるのが1st XV(学校代表の1軍)の全国一位を決める大会です。

 
ニュージーランドには、
  • オークランドのブルーズ
  • ハミルトンのチーフス
  • ウエリントンのハリケーンズ
  • クライストチャーチのクルセーダーズ
  • オタゴのハイラーダーズ

5チームがあります。

□ポイント2
★ニュージーランドの高校の全国大会ではこの5つの地域の代表を決めます

 
そして、南島のクルセーダーズとハイラーダーズの2校で決勝戦を行い、南島の代表を決めます。
 
北島3チームと南島1チームの4チームが、ナショナル・トップ4としまして、全国大会のセミファイナル、ファイナルと駒を進めます。

このレベルになると、身体も大きく、将来のオールブラックスや、オリンピック競技でもあるラグビーセブンズでの活躍が期待できる、世界でもトップレベルの選手がたくさんいます。

□ポイント3
★優勝した高校は、翌年のゴールデンウィーク期間中に日本で行われます、サニックスユース大会に出場する権利を得まして、日本に遠征をします。

※ただし、地域の年齢別代表に選ばれた人は、それぞれの地域代表チームで10月上旬頃まで練習と試合があります。
その後、ターム3(3学期)のスクールホリデーを挟み、各高校でセブンズのチームトライアルが始まります。
選ばれた選手でセブンズのチームトレーニングが行われます。
 
セブンズの高校生の全国大会が12月上旬に行われるため、全国大会出場チームに入るとそこまで練習があります。
(12月上旬~中旬に学年が終わり、翌年1月末までクリスマス・サマーホリデーになり、基本的には練習は行われません)
お問い合わせ