アイルランド留学

アイルランドはイギリスの隣の島国で、首都はダブリンです。フレンドリーな人々が多く、世界的な詩人や小説家を排出してきたことから、歴史と伝統を重んじるイメージを抱いていますが、実際のアイルランドは近代的で、聖人と学者の島と呼ばれていたほど、教育水準が高く、政治的・社会的・経済的にも発展した国です。

アイルランドは第1 公用語がアイルランド語、第2 公用語は英語ですが、ほとんどの地域で日常的に英語が話されています。また、アイルランドは多くの格安航空会社が乗り入れているため、近隣諸国へのフライトは、1回の食事より安い!と言われています。

アイルランドはケルト民族と共に栄えた歴史ある国です。夜はアイリッシュ・パブなどで地元の人たちと交流したり、休日は史跡巡りをするなど、留学生活を満喫できます。

おすすめポイント

穏やかな気候とフレンドリーな国民性

温帯海洋性気候であるアイルランドは、夏場の平均気温は16℃と涼しく、冬場では平均気温8℃と日本の冬に近いのが特徴です。雨の日が多いですが、年間を通しての降雨量は東京より少なく、降ってもすぐにやみます。大西洋岸ではメキシコ湾流の影響で冬場でも極寒ということはなく、雪はほとんど降りません。

アイルランドの人々はとにかくフレンドリーで話好きな人が多いです。アイリッシュ・パブやカフェなどでは、地元の人たちは当たり前のように話しかけてきます。ですのでネイティブと英語で話す機会も作りやすい環境です。

日本人が少なく集中して勉強できる

アイルランドは他の留学先と比べて日本人率が少ないのが特徴です。語学学校は首都ダブリンに集中していますが、ほとんどの語学学校の日本人率は5%以下、多くても10%以下です。

日本人留学生が多い国だと、日本人同士で固まってしまい、つい日本語を話してしまう、または海外留学の気分が味わえないなどの不安がある方、しっかりと英語環境に浸りたい方にはアイルランドはおすすめです。

一日中町を歩いても日本人に会わないというのは珍しくはありません。

高い教育水準

アイルランドは4歳から始まる初等教育や高い大学進学率など、教育水準の高さも注目されています。

アイルランドの大学は、ヨーロッパの中でも非常に古い歴史を持ち、数多くの著名人を育成していることでも有名です。

大学やカレッジでは、ビジネス・IT・人文科学・美術・デザイン・医学・工学などの多数の専門的なコースがあり、留学先としての多くの魅力を備えた国です。


アイルランドの語学学校 アイルランド