フィリピン留学

東南アジアに位置する共和制国家であるフィリピンは島国で、首都はマニラで、最大の都市はケソンです。

フィリピンは年間を通じて気温・湿度ともに高い亜熱帯~熱帯性気候で、年平均気温は26~27℃。雨期(6~11月)と乾期(12~5月)は地域差があり、留学生の大半が訪れるセブ島では1年を通してあまり季節の変化はありません。常夏といってよい気候のため服装はほとんど半袖で問題ありません。ルソン島北部のバギオは標高が1,500mあり、朝夕は冷え込むのでセーターやカーディガンの用意が必要です。

英語が広く共通語として使われており、英語を話す人口はアメリカ・イギリスに次ぐ世界第3位の国です。フィリピン独自の言語で代表的なタガログ語は、元来マニラ周辺で使われていた言語で、テレビ・ラジオなどのメディアを通じて全土に広まりました。また、各地にはそれぞれ独自の言語も残っています。

おすすめポイント

人気のセブ島留学

近年、セブ島留学をする日本人が増えています。

セブ島はフィリピン中部に位置する南北に長い島で、周辺の7,000以上の島が集まってセブ州を形成しています。

セブ島は、主にセブ・シティとマクタン島という地区に分けられます。セブ・シティは山沿いにあり、ショッピングモールやレストラン、観光スポットなどが多く集まる中心地です。

マクタン島はビーチ沿いのリゾート地で、セブ・マクタン空港もこの島側に位置します。2つのエリアの間にオールドブリッジと、ニューブリッジがかかっており、車で移動することができます。

マンツーマンレッスン

フィリピンの学校はマンツーマンレッスンが最大の魅力です。セブ島ももちろんマンツーマンレッスンを採用しており、ほとんどの語学学校で1対1のレッスンが受講できます。

マンツーマンレッスンでは、自然と発言機会が増えます。ほとんどの語学学校が生徒のレベルに合わせた授業を行なってくれます。また、日本語の分かる先生がいる可能性もあり、はじめての海外留学の方には安心です。

さらにフィリピンの英語教育レベルは高く、フィリピンでは語学学校の講師職の人気が高い為、競争率の高い選考を通過し鍛えられた優秀な講師が多いのが特徴です。ですのでフィリピンの講師はキレイな英語を話します。

リゾート地でのアクティビティ

セブ島のリゾート地ではたくさんのマリンアクティビティを楽しむことができます。

シュノーケリングやダイビング、さらにはジンベエザメと一緒に泳いだりと、リゾート地ならではの魅力的なアクティビティがあります。

はた、リゾートホテルへの日帰り旅行もアクティビティとして人気です。高級ホテルのプライベートビーチやプライベートプールは、気軽にリゾート気分を味わう事ができると評判です。


人気のセブ島留学 セブ島