ニュージーランド留学

ニュージーランド現地エージェント Japan Management が、ニュージーランドについて↓↓↓詳しくご説明いたします。

 

ニュージーランドは人口より羊の数が多いと言われているほど、ゆったりした国です。またニュージーランドは日本と同様に四季がありますが、夏は湿気が少なく日本のような蒸し暑さを感じることはありません。冬も日本の寒さに比べると温暖でとても過ごしやすい気候です。

そんなのびのびした国で時間に追われることなく、留学という自分探しの旅をしてみるのはいかがでしょうか。

コーンウォールパークの羊

魅力いっぱいのニュージーランド

今年の3月20日、国連が最新の「世界幸福度報告書2019」を発表しましたが、ニュージーランドは堂々の8位(日本は58位で、昨年の54位から後退)です。ニュージーランドの国民性は、おおらかでフレンドリーな楽天家で親切なのが特徴です。また困っている人がいると放っておけない性格の人が多いです。

ニュージーランドの治安の良さを表す分かりやすい特徴は、警察官が丸腰です。ニュージーランドでは性別・年齢・見た目で人を判断しません。

それは、皆が相手に対してリスペクト(敬意)を常に持ち合わせているからです。トライ(挑戦)する人には手を差し伸べてくれます。

そんなニュージーランドは留学にぴったりの国です!

安心して留学できる理由

のどかなイメージのあるニュージーランドですが、実は教育に対する取り組みはとても先進的で、世界的に高い教育水準を誇る国なのです。

3年ごとに調査する国際学力調査(PISA)ではニュージーランドの学校教育システムが常に高評価を得ています。

さらにニュージーランドでは留学生が安全に安心して過ごせるようにと、政府によって定められた留学生の生活保障に関する「Code of Practice」、日本語訳ですと「教育に関する服務規程」という規定があります。

留学生の受け入れを実施するニュージーランドの教育機関は、すべてこの規定に従うことが義務付けられ、ニュージーランド資格庁であるNZQA(教育機関の品質保証を行っている機関)によって定期的な監査を受けます。

留学生がホームステイや学校に対して、不安や不満に思った場合など、誰がどのように対応するかを規則として一般に公開しています。それは誠実で真面目で平等が当たり前のニュージーランドらしい対応です。

このように留学生に対しても平等で適正な配慮ができるニュージーランドは、まさに安心して留学できる国なのです。


ニュージーランド入国時について

2019年10月1日より、日本国籍を含むビザ免除国 (external link)からの訪問者は、ニュージーランドの渡航前にNZeTA(電子渡航認証)が必要となります。また、IVL(国際観光税)も徴収されます。

ニュージーランド政府出入国管理のページ

NZeTAについて

 


おすすめの日本人ガイドによる1日ツアー

  • ニュージーランドのキウイバード
    ニュージーランド留学