ニュージーランドの大学留学

ニュージーランドにある8校の総合大学は、全てが国立大学です。

ニュージーランドは教育機関の品質保証を審査するシステムなどが整っており、大学の質を保つためこれ以上大学数を増やさない方針です。

学士号課程に進学したい留学生のために、全大学が入学準備コースを設けています。

ニュージーランドの大学の特徴

ニュージーランドのほとんどの大学にそれぞれ専門とする分野があるのが特徴です。通常3年間で学士号が取得できますが工学・法学・医学などは4~6年の履修が必要です。

ニュージーランドの大学は2学期制で、2月末に新学期がスタートし、11月中旬に終了します。学校やコースによっては各学期ごとに入学を受け付けています。

1年生ですぐに専門的な勉強が始まります。これは高校在籍の段階で、日本の大学の1年生で勉強する一般教養過程を修了しているためです。

そのため学生は自主的にリサーチを行い、課題に適した研究などに取り組むことになります。

また学部に関わらず、ほとんどの科目でレポートやプレゼンテーションなどが課されます。さらにコースによっては、インターンシップなどが含まれる場合もあります。

自然に恵まれた環境からバイオサイエンス産業が盛んで、大学でのバイオテクノロジーの研究は世界でもトップレベルです。

映画産業も注目されており、アニメやゲーム、映像効果などのメディアデザインで優れたプログラムを持つ大学も多いです。

 

ニュージーランド現地エージェント Japan Management が、ニュージーランド大学留学について↓↓↓もう少し詳しくご説明いたします。

ニュージーランドの大学留学のメリット

IELTSやTOEFL iBTなどで、ほぼ入学要件を満たせる

例えばアメリカの大学に進学するには英語の試験に加えて、GMATという学力試験を受けなければなりません。
それに比べてニュージーランドの大学は、IELTS・TOEFL iBTなどでほぼ入学要件を満たすことができます。
 

学費が比較的割安

ニュージーランド・ドル(NZドル)は世界の中でも比較的安い通貨で、年間の学費は大学や学部で変わりますが、文系ならば年間30,000ドル(およそ240万円)、理系ならば45,000ドル(およそ360万円)程度です。

大学のレベルが高い

Qs World University Rankings 2019 の85位から464位にNZの8大学すべてがランクインしています。

卒業後も就職しやすい

人口が470万人程度のニュージーランドは、慢性的に人手が不足しています。例えばイギリス等では高度なスキルを持っていても、就職はかなり厳しいのに対し、ニュージーランドは比較的容易に就職することができます。

卒業後の永住権申請の可能性が高くなる

ニュージーランドの学士号レベルの資格を2年以上かけて取得したことで英語力の証明になるため、就職して申請に足りる賃金を得ることで申請に近付きます。

*申請条件を全て満たしましても最終判断はニュージーランド移民局になります。もし永住権を取得できなかった場合、弊社では一切の責任を負うことはできません。


特色豊かな専攻科目とその教育水準の高さにも注目

⚫︎スポーツ科学

12位  オタゴ大学

28位  オークランド大学

42位  オークランド工科大学

⚫︎ホスピタリティ&観光

27位  ワイカト大学

28位  ヴィクトリア大学

35位  オークランド工科大学

⚫︎教育

17位  オークランド大学

51位〜100位  オタゴ大学

101位〜150位  マッセー大学、カンタベリー大学、ワイカト大学

251位〜300位  オークランド工科大学

⚫︎英語と文学

31位 オークランド大学

51位~100位 ヴィクリトア大学

101位~150位 カンタベリー大学、オタゴ大学

201位~250位 ワイカト大学

⚫︎地球と海洋科学

51位〜100位  オークランド大学、オタゴ大学、ヴィクトリア大学

101位〜150位  カンタベリー大学

⚫︎舞台芸術

51位〜100位  オークランド大学、オタゴ大学、ヴィクトリア大学

⚫︎開発研究

39位  オタゴ大学

41位  オークランド大学

51〜100位  マッセー大学、ワイカト大学、ヴィクトリア大学

⚫︎アート&デザイン

51位〜100位  マッセー大学、オークランド大学

101位〜150位  オークランド工科大学

⚫︎心理学

36位  オークランド大学

51位〜100位  オタゴ大学、ヴィクトリア大学

151位〜200位  カンタベリー大学

201位〜250位  マッセー大学

⚫︎看護

41位  オークランド大学

51位〜100位  オークランド工科大学、オタゴ大学

⚫︎会計&金融

41位  オークランド大学

101位〜150位  オークランド工科大学、マッセー大学、カンタベリー大学、オタゴ大学、ヴィクトリア大学

⚫︎ビジネス&マネージメント

43位  オークランド大学

101位〜150位  オタゴ大学、ヴィクトリア大学

151位〜200位  オークランド工科大学、マッセー大学、カンタベリー大学、ワイカト大学

⚫︎コミュニケーション&メディア

51位〜100位  オークランド大学

101位〜150位  ヴィクトリア大学

151位〜200  オークランド工科大学、オタゴ大学、ワイカト大学

⚫︎情報工学(コンピュータ科学)

51位〜100位  オークランド大学

151位〜200位  カンタベリー大学、ヴィクトリア大学

201位〜250位  オークランド工科大学、オタゴ大学、ワイカト大学

⚫︎農業&林業

22位  マッセー大学

44位  リンカーン大学

⚫︎経済学

51位〜100位  オークランド大学

151位〜200位  カンタベリー大学、オタゴ大学

201位〜250位  マッセー大学、ヴィクトリア大学

251位〜300位  ワイカト大学

301位〜350位  オークランド工科大学

⚫︎獣医学

23位  マッセー大学

⚫︎歯科

27位  オタゴ大学

大学一覧


ニュージーランドならではのことを学ぶのも◎

ニュージーランドにおける観光産業はとても重要です。
バンジージャンプをアクティビティとして始めたニュージーランドは、ツーリズム、ホスピタリティにかける想いも強いです。
旅行は世界共通の娯楽であるため、ニュージーランドで学んだことをニュージーランドだけでなく、日本、あるいは他の国で活かすこともできます。
例えば旅行代理店、ツアーコンダクター、ツアー企画といった業務が思い浮かびやすいですが、レンタカー会社、観光地の飲食店関連、そしてアクティビティ運営会社といったようにツアーに関連した就職も可能性があります。

また酪農やワイン生産が盛んなニュージーランドで、環境のことや農業について学ぶ学生も多いです。

ニュージーランド現地エージェント Japan Management のイチオシの、ニュージーランド大学は↓↓↓


おすすめの大学

ニュージーランドおすすめ大学

ファウンデーション

ニュージーランドの大学は通常3年制で、1年生ですぐに専門的な勉強が始まります。これは高校在籍の段階で、日本の大学の1年生で勉強する一般教養過程を修了しているためです。日本の高校を卒業した際、この一般教養にあたる課程がないため、すぐにニュージーランドの大学に進学することは難しいです。そのためFoundation(ファウンデーション)と呼ばれる大学進学準備コースを受講することが一般的です。

ファウンデーションプログラムは、留学生向けの大学進学準備コースです。ファウンデーションに入るのに必要な英語力は、プログラムや受講期間によって異なりますが、一般的にはIELTS 4.5~5.5で、大学入学に必要なIELTS 6.0~7.0程度まで英語力をアップさせます。

また英語力だけでなく、希望する専攻の基礎知識を勉強するとともに、大学教育を受けるための、英語でノートを取る方法、セミナーでのディスカッションの仕方、エッセーの書き方、速読スキル、リサーチや発表の仕方などを身につけます。

ファウンデーションプログラムを修了すると、大学1年生として大学に入学することができます。期間は英語力によって異なりますが、1年前後で修了することが多いため、大学の3年間とあわせても4年間で卒業できることになります。

このファウンデーションプログラムを修了することによって、その後の大学での勉強がよりスムーズになります。



  • ニュージーランドのキウイバード
    ニュージーランド留学