MENU
ニュージーランド
高校留学

留学ニュージーランドドットコムは、トビタテ!留学JAPANをご利用しての留学ご希望の高校生を応援いたします。
留学希望の高校生の「留学で何をしたいのか」のやりたいことと、プログラム内容がリンクしていることがとても重要です。

整った環境

もともと移民国家のニュージーランドは、高校生の留学に対しての受け入れにも寛大です。国が留学生を保護する制度・法律「留学生の生活保障に関する服務規程」を設けていることもあり、留学生に対する環境が整っています。

日本とは違う教育制度

ニュージーランドの小学校~高校までは、日本のように1年生という表現ではなく‘Year’という表現を使用します。

高校はYear9からで、日本でいうと中学1年生にあたります。ニュージーランドの高校留学は13歳18歳が対象年齢になります。

政府認定校

ニュージーランド政府公認機関が設立した、留学生の受け入れを行なっている代表団体機関と提携しているので、個人にあった学校を選ぶことができます。

高校
  • 欧米と比べると比較的留学費用が安い!
  • 自然豊かで過ごしやすい環境!
  • 最初から、英語力を大きく問われない!
  • 留学生の受け入れの歴史も長く、学校の留学部署やシステムが確立されている!
  • ESOL(留学生のための英語)クラスがあり、英語学習のサポートが手厚い!
  • フレンドリーな国民性もあり、ホームステイの質も高い!
  • 入学時期も柔軟に対応してもらえる!

10代でさまざまな国の学生との交流を通じて、異文化・生活体験をすることは、将来に繋がる良い経験になるはずです!

日本にいても語学や異文化について知ることはできますが、実際に海外へ行ってその生活を体験するのとでは大きな差があります。

是非、お子さんにその世界を体験させてあげてください。将来のお子さんの自信や力に繋がるはずです!

ニュージーランドの

一歩進んだ教育環境

新型コロナウイルス (COVID-19) の影響で、すべての学校が閉鎖され、ニュージーランドの高校では速やかに、「オンライン授業」に移行することができました。
「オンライン授業」は、主に「Google Meet」を使用してビデオチャットを行っています。
ではなぜ、ニュージーランドの高校では大きな混乱もなく、オンライン授業」を行えているのでしょうか?
理由は、ニュージーランドの教育のIT化が進んでいることが要因で、小学校から既にデバイスを使用しています。
そして、ニュージーランドの高校では、BYODとして自身のデバイスを用意することが必須になっています。
BYODとは何ですか?
学校へ、「Bring Your Own Device=自分のデバイスを持参する」ことで、ニュージーランドの小学校、中学校、高校、大学でますます増加する傾向にあります。
 
デバイスとは、ラップトップ、iPad、タブレット、ノートブック、Ultrabook™、および Chromebooks などで、教室や宿題で使用をします。
 
インターネット対応テクノロジーにアクセスできる学生は、学習体験を向上させ、技術的に進んだ世界への準備を支援できます。
指先から情報を入手できるということは、教室がどこにでも、どこでもあることを意味します。
「犬が宿題を食べた」ことはもうありません。
ニュージーランドの高校でのBYODの特徴
  • 殆どの高校では、タブレット(Android、Apple iPad)は推奨していません。 ラップトップか Chromebook のどちらかを推奨しています
  • 殆どの高校では、無料のウェブサービスである「Google Classroom」を使用し、生徒と教師が課題の提出とフィードバックなどのやり取りをしています
  • 専門のソフトウェア(Microsoft Word・Excel・PowerPoint など)や、アプリを購入する必要は基本的にはありません
  • ゲーム機やスマートフォンは適切なデバイスとは見なされません
デバイスには主に3つの選択肢があります

このようにデバイスには、機能、サイズ、および利点や欠点がありますので、デバイスを用意するときは留学する高校に確認するのが得策です。留学ニュージーランドドットコムは留学生のサポートのお手伝いをします。

日本とは異なるシステム

ニュージーランドの高校はイギリスの教育システムを導入していて、中学と高校が一貫教育されたセカンダリースクール(Secondary School)と呼ばれています。殆どが男女共学の公立学校です。

多くの学校では、留学生の為のESOL (英語コース) が設けられており、授業も日本と比べると選択科目が多く生徒の才能に合った教育が受けられるのが特徴です。

義務教育はYear11で終了しますが、Year11以上になると各科目毎に単位を取得していく必要があります。
次のレベルの授業を受講するためには単位数を取得しなければなりません。

またYear11以上は年末にNCEAと呼ばれる国の統一試験を受けます.

NCEAとは
表

*留学生の場合、NCEAの受験は必須ではありませんが、帰国子女枠で日本の大学への進学をご検討されている場合は、入学の判定基準にNCEAを導入している大学もありますので、ご希望する日本の各大学へ確認が必要になります。

ホリデー期間の過ごし方

ニュージーランドの高校はターム制で、4つのタームにわかれています。

タームとタームの間には約2週間のホリデーと夏休みホリデーがあります。

1学期 1月27日~4月9日
2学期 4月28日~7月3日
3学期 7月20日~9月25日
4学期 10月12日~12月16日
①語学学校主催の Young Learners コースへの参加

ニュージーランドの高校へ進学する際、英語力の条件はありませんが、ホリデー期間中に英語力を上げたい方のために、午前中は英語集中コースとなっており、コミュニケーションを中心としてリスニング、リーディング、ライティング、文法、語彙を学んでいただきます。

午後は、その先のGlobal Citizen を見据えたリサーチと発表が含まれるプロジェクトを通して、英語力を高めていく21 世紀型授業法が導入されています。

<放課後アクティビティー>

放課後に平日毎日アクティビティーがあり、月曜日のCoffee Chat(会話クラブ)や水曜日のスポーツ、隔週木曜日の発音矯正プログラムなどにご参加頂けます。 ※コース詳細につきましては、以下をご確認お願いします。

②ホリデースクールへの参加

↓ホリデー期間ニュージーランドには、留学生も現地の学生も一緒に通える無料のホリデースクールもあります↓

ニュージーランド ホリデースクール

ニュージーランド高校留学費用

やはり一番気になります、「ニュージーランド高校留学費用」をご案内します
 
「ニュージーランド高校留学費用」は、それぞれの高校により様々で、以下の特徴があります。
1.日本と同様に公立と私立がありますが、公立でも学校が費用を決める権限を持ってます
2.欧米諸国と留学費用を比較しますと、「ニュージーランド高校留学費用」は若干お安いです
3.ニュージーランドの高校の中には、制服がない学校もあります
4.一歩進んだ教育環境で、ご説明しましたが、ご自身のデバイスも必要になります
 
物価や、平均的なお小遣い等も、特に親御様にはお気になると思いますので、ご遠慮なくお問い合わせください。
W高校・S高校へ1年間留学する場合の費用例
  W高校の場合 S高校の場合
入学金 NZ$1,500 NZ$2,250
授業料 NZ$18,500 NZ$18,500
ホームステイ手数料 NZ$350 NZ$360
ホームステイ料(3食代) NZ$300/週×46週=NZ$13,800 NZ$308/週×46週=NZ$14,168
保険(Unicare) NZ$548 NZ$548
制服代・学用品 NZ$800 NZ$1,040
NCEA受験料 NZ$383.40 NZ$383.30
高校留学サポート NZ$4,600 NZ$4,600
携帯電話 NZ$42/月×12ヶ月=NZ$504 NZ$42/月×12ヶ月=NZ$504
合計

NZ$40,985.40

=2,664,051円

NZ$42,353.30

=2,752,965円

2020年4月現在

その他お小遣い・航空券代等が別途かかります。

*上記費用は1NZ$=65円で計算した場合の概算です。

ニュージーランド

現地校短期留学プログラム

★現地の高校生とはもちろん、世界中の同年代の留学生とも同じ教室で勉強し、交流し、英語やその他の科目を学ぶことができます。

高校では留学生の英語力に応じて、さまざまな科目を受講できます。ニュージーランド現地エージェントの、留学ニュージーランドドットコムが皆様を完全サポートします!

対象年齢 13歳〜18歳
開催時期

・1学期 1月27日~4月9日

・2学期 4月28日~7月3日

・3学期 7月20日~9月25日

・4学期 10月12日~12月16日

期間 1~2週間から、中・長期とお気軽にお問い合わせください。
プログラム内容

・授業料

・ホームステイ(3食付き)

・空港往復送迎

費用

(N高校の場合)

3週間: 310,000円

4週間: 370,000円

*1NZ$=65円で計算した場合の概算です。

高校選びに迷ったら

rogo

留学ニュージーランドドットコムは、ニュージーランド政府公認機関が設立しました、留学生の受け入れを行なっている代表団体機関と提携をしております、ニュージーランド現地エージェントです。

留学する高校選びに迷ったらまずはご相談ください!

☆留学をご希望される生徒さんのご要望や目標などを留学ニュージーランドがヒアリングし、その代表団体機関に伝えます。

☆ご要望や目標達成が可能で、尚且つ、受け入れが可能な学校をリストアップし、資料を作成後に留学ニュージーランドが入手いたします。

(資料は英語表記になりますが、留学をされる前から英語に慣れることは大事であると弊社は考えております。

先ずは、留学されます生徒さんご自身で内容を理解するように取り組んでいただくようにしております。

分からない箇所は学校の先生に聞いたり、勿論、留学ニュージーランドドットコムに聞いていただいても構いません。)

 

☆それぞれの学校には特色がありますので、その中から学校を絞っていき、追加のご質問等をお受けしながら留学先学校を決めていく流れを取っております。

トビタテ!留学JAPAN とは、返済不要な奨学金が給付される留学プログラムです。 留学内容、渡航先、期間[14日間~1年間]を自由に設計できます。「留学で何をしたいのか」が、重視されるプログラムでありますが、現地高校へ通いながら夢をサポートできます。

オーストラリア・メルボルンでの「トビタテ! 留学 JAPAN 高校生」対象の短期留学+ボランテア研修のご案内も可能です。

期間は、2020年7月27日~8月14日の3週間です。

プログラム内容は以下の通りです。

月曜日〜木曜日・8:45〜14:45 一般英語(20時間)
月曜日〜木曜日・15時〜16時 : 無料オプショナルクラス

金曜日 スタッフ同行にて福祉関連(Aged care, childcare, guide dog training など) 専門学校見学・研修

*オーストラリア・メルボルンでの「トビタテ! 留学 JAPAN 高校生」対象の短期留学+ボランテア研修についてご質問等ございましたらお気軽にお問い合わせください。

ニュージーランドラグビー留学

PAGE TOP