ニュージーランド市民以外の旅行者は、暫定的にワクチン接種義務化

出所:Air New Zealand Facebook

 

11/1から ニュージーランドに到着するニュージーランド市民以外はワクチン接種義が必要に

ご訪問ありがとうございます。

 

出所です。

New vaccination requirement for non-citizen travellers to New Zealand

 

ウイルスが国境を通過する可能性をさらに減らすために、ニュージーランド国民ではない17歳以上の航空旅行者は、ニュージーランドに入国するために完全なワクチン接種を受ける必要があります。

 

これは、ニュージーランドの再接続戦略における重要なステップです。

旅行者は、Managed Isolation Allocation Systemに登録する際に、ワクチン接種のステータスを宣言する必要があります。

また、着陸後、航空会社と税関職員にワクチン接種の証明または関連する免除を提示する必要があります。

 

COVID-19テクニカルアドバイザリーグループは、政府または承認機関によって承認された22のCOVID-19ワクチンのいずれかの完全接種を、到着の少なくとも14日前に、この段階で受け入れることを推奨しています。

ワクチン接種または免除の証拠として適格となるものについてのガイダンスが作成されます。

 

ニュージーランドに来るほとんどの人は、すでにワクチン接種を受けていると言っています。

この要件はそれを正式にし、国境での保護の追加の層を提供します。

海外を旅行するニュージーランド航空の航空機に搭乗するすべての人が、2022年2月から完全にワクチン接種を受ける必要があるという3日の発表と並行してうまく機能します。

 

 

到着するすべての人は、管理された隔離と検疫で14日間を完了する必要があり、免除された場所からの旅行者を除く、すべての旅行者は、最初に予定されている国際線から、72時間以内に認定された研究所のCOVID-19検査結果が陰性であるという証拠を持っている必要があります。

たった1つのケースでもリスクがあります。

しかし、ワクチン接種率が高く広範囲に及ぶことは、より多くの自由、より少ない制限、そしてウイルスからの保護がもたらす日々の自信を意味します。

この要件は、ニュージーランドに到着する人々のワクチン接種状況をデジタルで確認する機能を導入する旅行者健康申告システムの開発が継続されている間、暫定的な措置となります。

 

要件は、COVID-19公衆衛生対応(航空国境)命令(No 2)2020(航空国境命令)の修正とともに導入されます。

ワクチン接種の証拠を提示しなかった要件の対象となる人は、COVID-19公衆衛生対応修正法2020に基づく侵害通知の対象となる可能性があります。

 

要件は、ニュージーランド市民、17歳未満の子供、および医療上の理由でワクチン接種を受けることができない人には適用されません。

サモア、トンガ、バヌアツとの片道QFT協定の一環としてニュージーランドに来るRSE労働者も、難民と同様に、既存のワクチン接種要件のために免除されます。

人道的理由で、またはニュージーランド市民と一緒に旅行する人々が時間枠内にワクチン接種を受ける機会がなかった場合、保健局長からの免除を求めるプロセスもあります。

 

現在、ニュージーランドに入国できる方は、政府による条件を満たした方のみです。

留学生は、現状では渡航はまだできません。

 

👇こちらをクリックして頂きますとランキングが見られます <(_ _)>

ブログランキング・にほんブログ村へ