いつニュージーランドに留学できる?_5(9月12日現在)

出所:Jacinda Ardern Instagram

 

重要な労働者を優先します

ご訪問ありがとうございます。

 

↓↓↓ 過去の記事 ↓↓↓

いつニュージーランドに留学できる?_1(7月23日現在)

いつニュージーランドに留学できる?_2(7月24日現在)

いつニュージーランドに留学できる?_3(7月28日現在)

いつニュージーランドに留学できる?_4(9月6日現在)

 

ニュージーランドの総選挙は10月17日に延期 され、

残り5週間となり、選挙活動が活発になってきました。

 

 

そんな中に、再選が確実視されています、

労働党のジャシンダ・アーダーン首相は、

再選された場合は、

COVID-19の国境規制を緩和して、

より熟練した労働者のNZ入国を許可することを約束しました。

出所:Jacinda Ardern Instagram

 

 

出所です。

NZ Election 2020: Labour will relax COVID-19 border rules to allow more skilled workers in if re-elected

ジャシンダ・アーダーン首相は、労働党が再選された場合、ニュージーランドのCOVID-19国境規則は緩和され、より熟練した労働者が国に入ることができると約束した。

首相は、パンデミック時の経済回復と、Kiwi の健康とのバランスをとる努力の中で、より多くの労働者がNZへ入国できるようにする移民基準の見直しが行われると語りました。

 

労働党の新しい政策はまた、ニュージーランドの管理された隔離と検疫(MIQ)の割り当ての10%が、重要な労働者のために取っておかれ、高価値の海外投資を奨励する投資誘致戦略の作成を見るでしょう。

 

「労働者はニュージーランド国民の健康を守るために厳しい国境管理を引き続き実施するが、ニュージーランドの回復を助けるために熟練労働者に対するニュージーランドの経済的ニーズも管理しなければならないことを私たちは知っている」

と首相は述べました。

 

「私たちは、ユニークな経験と技術的または専門的スキルを備えた人々が、安全に入国できるようにします。これは、回復の経済的機会を妨げないようにするためです。」

労働党の移民局のスポークスパーソン、クリス・ファフォイ氏は、企業、産業、主要セクターと協力して、重要で熟練した労働者が本当に必要な場所を特定する計画だと述べました。

 

「同時に、ニュージーランドの企業にスキルと投資をもたらし、回復を助けることができる人々の資格を拡大するために、さらなる調整と改善を行うことができる場所を検討します。」

ターゲットを絞った国際投資を促進するように設計された労働の投資誘致戦略では、ニュージーランド貿易と企業(NZTE)と革新的なパートナーシッププログラムへの資金調達が見込まれます。

企業と協力してニュージーランドに投資し、事業の一部をここに移すこれらの政府機関は、毎年追加で600万ドルを受け取ることになります。

 

労働党が約束すること

  • 管理された隔離場所の割り当てシステムをさらに開発する際の重要な労働者に対する10%の割り当て
  • より幅広い労働者がニュージーランドに入国できるようにするための移民基準のレビュー
  • ニュージーランドへのターゲットを絞った高価値の国際投資を促進する新しい投資誘致戦略

 

NZの隔離施設の能力は約7,000人であり、国が対処できる最大の能力です。

システムの使用率が90%を超えたくないため、

約6,000人が収容できるマックスとしています。

 

その内の10%ですので、約600人は重要な労働者用となります。

最近の市中感染者の、濃厚接触者も同施設で隔離されていますので、

今後もそのために割り当ては必要になります。

当然、NZ市民や永住権保持者やその家族の帰還者への割り当ても優先事項です。

 

 

現状でも必須労働者はNZへの入国は許可されています が、

更なる、NZ経済回復に必要な!重要な!

労働者を優先することになります。

優先は、留学生ではありません!

 

 

 

そして、

ニュージーランド航空、2021年9月まで777を地上保管

ニュージーランド航空は2021年9月まで、ボーイング777の地上保管期間を延長します。新型コロナウイルス感染症 (COVID-19) の影響が継続し、旅客需要の見通しが立たないことを受けた対応です。

 

ニュージーランド航空の最高執行責任者であるキャリー・フリハンガヌイ氏は、Covid-19以降の航空会社の国際ネットワークの回復は当初考えられていたよりも遅いと見ていると語りました。

同氏はまた、「最近のニュージーランドでのCOVID-19症例の再発は、これが非常に不安定な状況であることを思い出させるものである。そのため、少なくとも来年のこの時期まで777が復活することはないので、2021年9月迄地上保管を決断した」と述べました。

 

航空交通は少なくとも3年間は、2019年のレベルに回復するとは予想されていません。

 

以上の詳細は、こちらから ご確認ください。

 

出所:Air NZ Instagram

 

日本とニュージーランド間は、787ドリームライナーが主に運航していましたが、

オークランド-成田路線の運航は、2021年3月27日まで引き続き週1便の運航

オークランド-関西路線は、10月~2021年3月運休

 

  • 現在、ニュージーランドへの入国は、ニュージーランド国民及び居住者のみ可能です。入国後、オークランドにてニュージーランド政府による14日間の隔離を受ける必要があるため、オークランド以遠の乗り継ぎはできません。ニュージーランド入国時の検疫等についてはこちらをご確認ください。
  • 8月11日以降、一部のニュージーランド入国者の隔離費用は有料となります。詳細はこちらをご確認ください。

↑これらも、更に延長される可能性もありますね。。。

 

 

2021年1月~2月にかけて、

大学・ポリテク・専門学校入学者が何名渡航できるのか?

または、その時期に渡航できるのか?

何らかの発表を待ちたいと思います。

 

↓↓↓ いつニュージーランドに留学できる?の続きは ↓↓↓

いつニュージーランドに留学できる?_6(9月17日現在)